年収200万で借りれるローンにはなにがあるか

消費者金融からのカードローンや銀行からのカードローンを
利用するには月々安定した収入が必要です。
それは担保や保証人なしで貸し付けているので、
もし安定した収入が無いと返済に困った時に、
貸し付けたお金が回収出来なくなるからです。

消費者金融のカードローンに申し込むと所定の審査があり、
生年月や年収、勤続年数、他社からの借入状況など
様々な項目から返済能力の有無を調査します。
勤務先に在籍確認の電話連絡を行い、在籍の確認がきちんと取れたら審査合格です。

審査後には返済能力に見合ったご利用限度額が設定されます。
ご利用限度額が設定されたらその枠の範囲で何度でも借入出来るようになります。

借入れは年収の3分の1がリミット

消費者金融のカードローンは総量規制の対象で、
借入総額は年収の3分の1までに制限されています。
年収200万円ある方はその3分の1までしか借りられません。

それ以上借りようとして他社に申し込んでも、
お金を借りた履歴や借入残高、事故情報などが
信用情報によって各金融機関で共有されているのですぐに分かってしまいます。

年収200万あっても担保や保証人なしで
借入できる金額にはこのように制限があるので注意しましょう。

銀行は総量規制対象外ではあるけれど

総量規制という観点から見るならば、その対象外である銀行での借り入れならば、
年収に関わりなく融資を受けられることになります。

しかし、これは年収という具体的なモノサシがない分だけ、
審査についても慎重にならざるを得ないことから、銀行は審査が厳しい傾向にある
とも言われている理由であるといえます

このサイトのタイトルでもあります「年収200万でお金を借りる」という場合ならば、
それなりの返済能力しかない状況であると判断されますから、
小額の融資ならばともかく、総量規制に関係するような
金額を借り入れたいという場合には、
銀行であっても審査がNGとなるケースが多くなると考えて良いでしょう。

不動産担保ローンという選択肢

不動産と言った担保価値のある財産をお持ちの方は
不動産担保ローンがご利用できます。

しかし不動産担保ローンは担保に入れる不動産が無いとご利用できませんし、
万が一返済できなくなると不動産を失いかねません。
長期的に返済のめどが経っている方で無いと難しいでしょう。